裸電球の下の分銅と肉の塊

カノマン市場の肉屋
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

カノマン市場の肉屋では裸電球の下に分銅と肉が置かれていた

バナナを売るお店があったり、魚介類を売るお店があったりするカノマン市場の中にはもちろん肉を売るお店もある。人通りの多いメインストリートではなく閑散とした建物の中で営業していた肉屋は裸電球の下で静かに営業していた。

大きなカウンターの上には様々なものが置かれていた。売り物である大きな肉の塊はもちろんのこと、丸太でできたまな板も見える。まな板の横には何本のも包丁も置かれていたし、売った肉を入れるのだろう黒いビニール袋も置かれている。そして、肉の重さを量る秤も置かれていた。ここでは肉の重さを量るのは電子秤ではなく、昔ながらの分銅を使って量るようだ。秤の横には、昔、学校で理科の実験に用いたような形の異なる分銅がいくつも置かれていた。

分銅を使って肉の重さを量っているところを見たかったけれど、たった今肉が売れたところだった。肉屋のおばさんは肉をさばくこともなく、今しがた肉を買い求めた女性とのよもやま話に夢中になってしまっていた。

ENGLISH
2021年1月 インドネシア 人びと
肉屋 俎板 チルボン 包丁 市場 ビニール袋

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11803

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月31日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ