次々に魚をさばく男

クロントゥーイ市場で魚をさばく男
タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影 オザワテツ

パラソルの下で働く男の前にはカットされた魚が何尾も転がっていた

クロントゥーイ市場の通路にはいくつものパラソルが出ていた。そして、その下に大量の魚が陳列されている。この区画には魚屋が密集して店を開いていたのだ。

その中に、ちょっとした作業場のようなものがあった。売り物の魚が並べられたトレイの脇にテーブルが置かれていて、ふたりの男が忙しそうに働いている。テーブルの上には魚が散乱していた。そこで、ひとりは魚の頭を切り落としていて、もうひとりはウロコを落としていたのだ。このような作業を終えてから、初めて店頭に並べるのだろう。

日本人の魚介類の消費量は多い。一日あたりの消費量は約150グラムなのだそうだ。でも、世界には日本よりも魚介類を食べる人たちがいて、モルジブの人たちにいたっては一日あたり380グラムもの魚介類を食べるらしい。トリップアドバイザーの調査によると、日本は6位だそうだ。この市場でも魚介類が大量に売られているから、タイの人も日本ではないにしろ消費量が多いのかと思ったけれど、そうではなかった。トリップアドバイザーの調査では世界トップ25にタイの国名は挙げられていなかった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11407

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月18日

撮影場所

クロントゥーイ市場 / タイ

ジャンル

スナップ写真

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ