路地の中にはニワトリ小屋があって、隣には屠畜する部屋が設けられていた

小屋の中で鶏をさばく男
インドネシアのジャカルタで撮影
関連する写真

ジャカルタで路地を奥に向かって進んだ。しばらくすると脇にある部屋の中に生き物の気配を感じた。中を覗くと狭い部屋の中に行きた鶏がびっしりと詰められている。小さなお店が並ぶローカルな市場と思っていた路地の一角に鶏の飼育小屋があったのだ。

鶏は小屋の中を右に行ったり、左に行ったり忙しい。小屋には少し動けるくらいのスペースはあって、ブロイラーほどには密集していない。けれど、放し飼いというには程遠い。このような中間の飼育状態を何というのだろう。

鶏がひしめいた部屋の隣部屋には男がしゃがんでいて、鶏肉をさばいていた。経営工学的にはこの配置が最適なのだろう。隣の部屋から、生きた鶏を持ってきて、すぐさまさばける。次から次へと鶏の脚を切り落としていた男の周囲には鶏の足先が散乱していた。

それにしても、あれだけ鶏がいても、すぐ近くで仲間が次々と屠殺されていることに一羽も気が付かないのだはちょっと不思議だ。実は気が付いているのだけれど、どうしようもない運命に見て見ぬふりをしているのかも知れない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2020年5月 インドネシア 人びと
鶏肉 俎板 ジャカルタ 包丁
ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11527

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月15日

更新日

2020年09月10日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタってどこ?

PREV & NEXT