丸太の上には肉片が幾つも見えた

馬面の肉屋
インドのマルダで撮影
関連する写真

口髭を蓄えた馬面の男が道路脇の小屋の中にひとりでいるのが見えた。男は肉屋だった。丸太で作った大きな俎板をどしんと前に据え、手には包丁が握られている。ちょうど肉片を細かく刻んでいるところだった。俎板の上には切り刻まれた肉片が転がっている。僕が目の前に立つと、男は包丁を持っている手を止めて気難しそうな顔で一瞥した。

何枚か写真を撮り終えると、男は何事もなかったかのように仕事を再開した。男は忙しいようで、暇な異邦人の相手をするような暇は無いようだった。冷房設備なんてものはないから、どんどんとさばいていかないと肉が傷んでしまうのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年5月 インド 人びと
肉屋 俎板 馬面 ナイフ マルダ タンクトップ
マルダで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6404

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年05月04日

更新日

2020年02月13日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

マルダってどこ?

PREV & NEXT