カノマン市場のバナナ専門店

カノマン市場のバナナ専門店
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

お店の中にはバナナ以外の果物はなかった

日本でも当たり前のようにスーパーマーケットで売られているバナナは東南アジアが原産で、その栽培はパプアニューギニアから始まったとされている。日本でバナナと言うと、台湾産やフィリピン産のイメージがあるけれど、台湾フィリピンもバナナ生産量トップ5には入っていない。ぶっちぎりで生産量が多いのはインドで、年間3080万トン。次が中国で1122万トンだ。そして、その次に来るのがここインドネシアで726万トンとなっている(数値はいずれも2018年のFAO統計)。

チルボンにあるカノマン市場でも、当然のようにバナナを売っているお店があった。ここは果物やというよりもバナナ専門店だ。店頭に並んでいるのはバナナばかりで他の果物は見当たらない。カウンターの上には何本ものバナナが付いた枝がいくつも置かれていて、屋根からもバナナがぶら下げられていた。

バナナの先を上にして枝が置かれているのを見ていると、ふとインドで見かけた競り市にバナナを搬入する男たちを思い出した。なんとなくバナナは先を下にして実を結んでいるような気がしてしまうけれど、実際には先を上にして実を結ぶ。インドの男たちも先を上にして運んでいた。そして、収穫するときには一本一本刈り取るのではなく、枝ごとごっそり採るのだ。

ENGLISH
2021年1月 町角 インドネシア
バック・ショット バナナ チルボン 果物 市場

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11793

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月21日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

チルボンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ