インドネシア語の兄弟呼称

道路を横断する兄弟
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

インドネシア語では年上の兄弟姉妹をカカッ、年下の兄弟姉妹をアディッという

ふたりの男の子が住宅街の道を横断していた。この道はまっすぐに家々の中を伸びていて、そこそこ交通量が多い。ふたりの男の子は、左右を確認して小走りで渡っていた。仲良く渡るふたりの身長にはかなり差がある。兄弟なのだろう。

インドネシア語では、兄弟姉妹を「kakak」(カカッ)と「adik」(アディッ)と言う。でも面白いことに、kakakとadikという単語だけでは性別は分からない。どういうことかというと、kakakは兄弟姉妹のうち年上の人を指し、adikは兄弟姉妹のうち年下の人を指しているからだけだからだ。つまり、kakakと言われても、兄なのか姉なのかは分からない。

そのため、正確に性別までも含めて表現する場合には、kakak、adikの後ろにlaki-laki(ラキラキ)という男性を表す単語やperempuan(ブルンプアン)という女性を表す単語を付ける。kakak laki-lakiといった感じだ。でも、普通は付けず単にkakak、adikとだけ言うのが多いらしい。日本人の感覚からすると、少しモヤモヤしてしまう。

親族呼称は文化によって異なっている。英語では兄弟は一単語で表現できるけれど、インドネシア語とは逆に年上なのか年下なのかはわからない。中国語では父方のおじと母方のおじで字が字が違う。インドネシア語のように、性別を明らかにしない表現は今時のジェンダーの多様化に適した言い方なのかもしれない。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11692

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月08日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ