カノマン市場の魚売り

カノマン市場の魚売り
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

魚売りの女性は次から次へと入ってくる注文をさばいていた

やって来たカノマン市場では、南国らしい果物とともに魚も売られていた。海に面しているここチルボンの主要産業は漁業だ。魚売りの前にやって来ると、店頭に並べられた盥の中に魚が陳列されている。でも見たところ、水揚げされたばかりの魚ではない。どの魚も干しただけでなく、塩漬けにされているようだ。塩漬けの魚介類はこの町の名産物らしい。

多くの客が訪れていた魚屋は賑わっていた。赤い服を着て、グレーのヒジャブで髪を隠していた女性は注文をさばくのに忙しそう。ここではスーパーマーケットなどど違い、売り物の魚はパック詰めなどされていない。女性は注文に応じて盥の中に陳列されている魚を選んで紙で包装してから客に渡すのだ。そして、現金決済をする。昔ながらの販売方法だ。

売られている魚をよく見てみると、塩漬けだけだけでなく、他の調味料で漬けてあるものも並んでいた。でも、何で漬けてあるのかは分からなかった。何で漬けたものなのだろう。

ENGLISH
2021年1月 インドネシア 人びと
チルボン 魚売り 市場

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11790

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月18日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

チルボンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ