肉屋で働くふたり

肉屋で背中合わせに働いていたふたり
ミャンマーのヤンゴンにある市場で撮影 オザワテツ

市場の中の肉屋ではふたりが背中合わせに働いていた

ヤンゴンの通りには手抜きなのかなんなのか、番号が通りの名前になっているところがちらほらある。ニューヨークのようで格好いいと思ったのだろうか。よくわからない。

そんな調子で名付けられた26番通りを歩いていると、道路沿いに建っている大きな建物の中にお店が並んでいることに気がついた。26番街自体が露天市になっているのだけれど、そのすぐ横には本格的な市場が建っているのだった。ひょっとしたら、通りで商売している人たちは市場の建物の中に入りたかったのにあぶれてしまった人たちなのかもしれない。

僕は露天市を後にして、市場の建物の中へと足を踏み入れることにした。中は薄暗く、細かく区切られた場所がそれぞれお店になっている。上から俯瞰したら、生き物の細胞のように見えるに違いない。通路を歩いていると、またしても肉屋に出くわした。ここは食肉市場ではないのだかれど、肉屋の数は多いような気がしてならない。肉屋では男と女が背中合わせにして仕事をしている。エアコンなんてない建物の中は蒸し暑い。男がタンクトップを着ているのと対象的に女性はヒジャブを被って働いていた。宗教上の理由とはいえ、ヒジャブを被って蒸し暑い場所で働くのはさぞかし難儀なことだろう。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10881

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月01日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ