ニンニクを刻む若い男

ジャカルタのグロドック地区に出ていた屋台

グロドック地区の歩道に出ていた屋台では、若い男が丸いまな板の上でニンニクを刻んでいた

インドネシアのジャカルタにあるグロドックで撮影。

最近では中国も発展して世界の工場なんて呼ばれている。今やアメリカや日本のメーカーが発売している工業製品でも中国製の部品を使っていないものなんてないのではないだろうか。

でも、中国は工業製品を輸出するようになる前からずっと輸出し続けているものがある。それは中華料理だ。20年くらい前にユーラシア大陸をウロウロしたときにも、びっくりするような田舎でも中華料理店を見かけたものだ。フランス料理やトルコ料理も中華料理と並んで世界三大料理と言われるけれど、中央アジアや中東諸国でフランス料理店やトルコ料理店を目にすることはほとんどなかった。もっとも高級なレストランはあったのだろうけれど、貧乏旅行者である僕が入れるようなものはなかった。それに対し、中華料理店はほとんどの国で見かけるのだ。中華料理は万人向けの料理なのだろう。

歩いていたグロドックはジャカルタにあるこの国最大のチャイナタウンだ。町角にはもちろん、中華料理店が並んでいた。そして、道端に出ている屋台も中華料理を出していた。写真の屋台もそのひとつだ。男が道端に出したテーブルの上にまな板を置いて、その上でニンニクを細かく刻んでいた。何を作っているのかは分からなかったけれど、精がつく料理を作っているのだろう。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタのグロドックってどこ?

PHOTO DATA

No

11541

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月26日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ