グロドック地区の歩道に出したテーブルで、若い男が2本の包丁を使ってニンニクを刻んでいた

ジャカルタのグロドック地区に出ていた屋台
ニンニクを刻む男
似たような写真

最近では中国も発展して世界の工場なんて呼ばれている。今やアメリカや日本のメーカーが発売している工業製品でも中国製の部品を使っていないものなんてないのではないだろうか。

でも、中国は工業製品を輸出するようになる前からずっと輸出し続けているものがある。それは中華料理だ。20年くらい前にユーラシア大陸をウロウロしたときにも、びっくりするような田舎でも中華料理店を見かけたものだ。フランス料理やトルコ料理も中華料理と並んで世界三大料理と言われるけれど、中央アジアや中東諸国でフランス料理店やトルコ料理店を目にすることはほとんどなかった。もっとも高級なレストランはあったのだろうけれど、貧乏旅行者である僕が入れるようなものはなかった。それに対し、中華料理店はほとんどの国で見かけるのだ。中華料理は万人向けの料理なのだろう。

歩いていたグロドックはジャカルタにあるインドネシア最大のチャイナタウンだ。町角には中華料理店が並んでいて、道端に出ている屋台も中華料理を出していた。写真の屋台もそのひとつだ。男はテーブルの上に丸いまな板を置いて、その上でニンニクを細かく刻んでいた。何を作っているのかは分からなかったけれど、精がつく料理を作っているのだろう。

 でコメントする
ENGLISH
2020年5月 インドネシア 人びと
俎板 食べ物の屋台 ニンニク ジャカルタ 包丁 青年

PHOTO DATA

No

11541

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月26日

更新日

2023年09月04日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT