男は変わった形の包丁で田鰻を捌いていた

変わった形の包丁を手にした魚屋
台湾の台南にある水仙宮市場で撮影
関連する写真

水仙宮市場で見かけた魚屋に置かれていた丸いまな板の上にはが置かれていた。正確には鰻ではなく、田鰻だろう。名前を聞くだけだと鰻と田鰻は近い種類の生き物のような気がしてしまうが、似ているの見かけと名前だけで実際には縁の遠い種類だ。日本にも生息しているけれど、あまり料理の素材としては一般的ではない。しかし、ここではメジャーな食材で、台南の郷土料理である「鱔魚意麺」も田鰻を使った料理だ。市場を歩いていると、田鰻をさばいている人を見かけるのは珍しいことではない。日本の鰻と違って台湾の田鰻は高級食材ではないのだ。

まな板の上の田鰻をストライプのポロシャツを着た男が楽しそうに田鰻をさばいていた。手もとを見ると、変わった形の包丁を使っている。中華包丁でもなく、刃が付いているところが半円になっている包丁だ。台湾では田鰻をさばくのにこの形の包丁を使うのが一般的なのかと思ったけれど、他に田鰻をさばいている人はこのような形の包丁を使っていなかった。その一方で虱目魚をこのような半円状の包丁でさばいている人はいた。どのように使い分けしているのかは分からない。ただ魚屋が使う包丁と一口に言っても色々な計上があるということがわかっただけだった。

ENGLISH
2017年4月 人びと 台湾
俎板 うなぎ 魚売り 包丁 ストライプのシャツ 台南
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10118

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年04月24日

更新日

2021年01月31日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

水仙宮市場ってどこ?

Prev & Next