水仙宮市場ではしかめっ面した女性がタウナギの皮を引っ張っていた

鰻をさばく女
台湾の台南にある水仙宮市場で撮影
関連する写真

写真の女性は台南にある水仙市場の魚屋で働いてた人だ。台湾で見かけるまな板は丸いものが多い中、この女性が使っているまな板は珍しく四角いものだった。

女性は右手で包丁を持っていて、その包丁でタウナギの皮の端っこをまな板の上に押し付けている。左手では皮の反対側をしっかりと握っていて、皮を力いっぱい引っ張っていた。皮を剥がそうとしているようだった。

日本ではウナギをさばくときに、ウナギが動かないように頭を釘で刺して固定することが多いけれど、ここ台湾でそのようにしてウナギをさばいているのは見かけなかった。同じ水仙市場でタウナギをさばいていた他の人も釘は使っていなかった。そのような習慣は無いのだろう。

タウナギはうなぎに似ているけれど別の生き物だ。けれどウナギと同じように皮は弾力性に富んでいるようで、引っ張ってもなかなか思うようには切れない。思いっきり皮を引っ張っている女性の口はへの字に歪んでいた。しかい皮は切れていない。ただただビヨーンと伸びるだけだった。

ENGLISH
2017年4月 人びと 台湾
エプロン 俎板 うなぎ 魚売り 包丁 台南
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10117

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年04月23日

更新日

2021年01月31日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

水仙宮市場ってどこ?

Prev & Next