モンスターエナジーの帽子

モンスターエナジーの帽子をかぶった老人
インドネシアのチルボンで撮影 オザワテツ

荒物屋の店頭に腰を下ろしていた老人はモンスターエナジーの帽子をかぶっていた

道端には商店が並んでいた。でも、まだ僕の目指している市場ではなかった。ここは市場というよりも商店街のよう。店先に出したワゴンの上にアボカドを山積みにして売っている八百屋もあれば、金物屋もあった。昔ながらの商店街のような雰囲気だ。写真の老人チルボンにあるそんな商店街の中で営業していた荒物屋の店頭に腰を下ろしていた。

老人の周囲には様々なものは雑多に並べられていた。チリトリも見えるし、何に使うのかよく分からない紐もたくさん見える。売り物に囲まれて老人は静かに座っていた。カメラに気がつくと、紐を握っていた手を止めて穏やかにカメラを見つめてくれる。若い頃には相当ふっくらとした顔つきだったのだろう。老人の頬にはかつてはたこ焼きのようにぷっくらしていたであろう肉がちょっとたるんでいた。

老人はモンスターエナジーのロゴの入った帽子をかぶっていた。ここインドネシアでもモンスターエナジーは売られているようだ。老人とエナジードリンク。エナジードリンクには筋肉ムキムキの若者のイメージはどうしてもつきまとってしまうから、ちょっと違和感の感じる組み合わせだ。もっともこの老人が愛飲しているわけではなく、たまたま手もとにあったのがモンスターエナジーの帽子なのかもしれないけれど。

EN

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11786

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月14日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る