ショッピング・モールで客待ちしていたベチャ運転手が鋭い視線を放った

客待ちしていたベチャの運転手の放つ鋭い視線
インドネシアのチルボンで撮影
関連する写真

ショッピング・モール百貨店の違いがなんだかお分かりだろうか。百貨店が小売業というくくりに入るのに対して、ショッピング・モールは不動産業というくくりに入っているというのが違いだ。つまり、百貨店の商売は来たお客にものを売ることであって、ショッピング・モールの商売はテナントにショッピング・モール内の店舗を貸し出すことということだ。どれだけ建物が大きくても、敷地が広くても、中に小さなお店が並んでいると、そこはショッピング・モールである可能性が高い。

そう考えると、チルボンで通りかかった大きなビルはショッピング・モールだった。中に入ると、小さなお店が軒を連ねていて、その様子はまるで立体になった商店街のようだった。特に目を引くものはない、そう思った僕はざっと中を見渡して外に出ると、そこには厳しい顔をした男が立っていた。鋭い視線はまっすぐに僕に向かっていた。

男はベチャという自転車タクシーの運転手だった。ショッピング・モールから出てきた人を待ち構えていたのだ。そこにちょうど僕がやって来たというわけだ。男は僕がそのまま男のベチャに乗り込むのを期待している。その期待がビシビシと伝わってくる視線だった。でも僕は負けない。男のベチャに乗り込むことなく、さっきまで歩いていたジャラン・シリワンギ通りに戻ったのだった。

ENGLISH
2021年1月 インドネシア 人びと
帽子 チルボン 客待ち 鋭い視線 リクシャワラー
チルボンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11778

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月06日

更新日

2021年12月21日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

チルボンってどこ?

Prev & Next