チルボンの豆腐屋台

チルボンに出ていた豆腐料理の屋台
インドネシアのチルボンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

豆腐料理の屋台で店番していた男の子はスマホに夢中だった

大きな通り沿いにはところどころに屋台が出ている。さきほど目にしたのは果物を売る屋台だったけれど、こんど目の前に現れたのは豆腐料理を出す屋台だった。道端に出した屋台の側面には大きく「TAHU TEGAL」と書かれていた。TAHUとはインドネシア語で豆腐のこと。ここチルボン中国と貿易していた歴史を感じさせる屋台だ。タフと発音するから、どことなく日本語の豆腐に発音も近い。中国から伝わってきてから長い時間が経っているせいか、地元生まれの食材のような顔しているのも日本の豆腐と同じだった。

大通りとはいえ、人通りもあまりなく、この屋台に豆腐を買いに来ている客の姿はなかった。ときおり自動車やベチャが屋台の前を通り過ぎていくだけだ。屋台の後ろには店番している男の子がちょこんと椅子に腰掛けて手にしたスマホに見入っていた。客がいないのだから、やることはない。時間を持てあわしている人間がスマホを手に入れたら、それに夢中になるのは洋の東西を問わず、老若男女同じなのだ。

ENGLISH
2021年2月 インドネシア 人びと
男の子 携帯電話 チルボン 食べ物の屋台

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11826

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年02月23日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

チルボンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ