フルーツの屋台で買い物する親子

フルーツの屋台で買い物する親子
インドネシアのチルボンで撮影 オザワテツ

子ども連れたお母さんがフルーツの屋台におやつを買いに訪れていた

大通りからちょっと脇に逸れた日陰の中に車輪のついた移動式の屋台が出ていた。ジャカルタでもチルボンでも屋台は多い。元手が少なくても始められる商売だからだろう。

ガスボンベを一緒に持ち運んで、煮炊きや炒め物を提供する屋台も多い中、写真の屋台はフルーツを売る屋台だった。これだと調理の腕前もいらず、フルーツさえ仕入れられれば商売が成り立つ。そのままでもいいし、食べやすいようにカットしてもいい。屋台の中でも経営のハードルが低い部類ではなかろうか。そう考えると、フルーツの屋台を最も身にするような気がするけれど、実際にはそうでもない。あくまでも個人的な感想だけれど、町中で目にするのは料理を提供する屋台の方が多いように見える。南国インドネシアではフルーツはありふれ過ぎていて、あまり儲けがないからかな。

ちょうど写真の屋台には、子連れのお母さんが買いに訪れていた。抱っこ紐でお母さんにくくりつけられていた幼な子も、ワゴンの横に立つ女の子も視線は屋台の上のフルーツに釘付けだ。食べたそうなオーラが出ていた。おやつの時間だったのかもしれない。

ENGLISH

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11825

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年02月22日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る