金魚をいつくしむ男

金魚をいつくしむ男
インドネシアのチルボンで撮影 オザワテツ

カウボーイハットをかぶった男が手で金魚をすくって愛でていた

市場の近くをウロウロしていると、道端に水槽が幾つも置かれていた。どの水槽にもなみなみと水が張られていて、中では赤いが泳ぎ回っていた。金魚だ。市場では食べ物の魚が沢山売られていたのに対し、この場所では観賞用の金魚が沢山売られていたのだ。ここインドネシアチルボンでも金魚は人気があるようで、多くの人が足を止めて水槽の中を覗き込んでいたし、買い求めている人もいた。

金魚は中国が発祥の地らしい。なんでも南北朝時代にはすでに飼育されていたというから歴史は古い。原産国の中国が贈答品にしたこともあって、東南アジア諸国にも金魚が広まり、ここインドネシアでも養殖されるようになったそうだ。最近の経済成長とともに観賞魚飼育としての金魚の人気も高まっているらしい。ちなみに2018年からはインドネシアからの金魚輸入が解禁されていてインドネシア産の金魚も日本に輸出されている。

水槽の横にカウボーイハットをかぶった男がしゃがんでいた。タライの中の金魚を手ですくって嬉しそうだ。まるで金魚を自分の子どもをいつくしむかのように愛でていた。

ENGLISH

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11815

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年02月12日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF