閑散とした路地で下ごしらえする男

人気のない路地の屋台
インドネシアのチルボンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

赤いTシャツの男は誰も通らない閑散とした路地に屋台を出していた

路地をウロウロとしていると、さきほどすれ違ったチルボン名物の甘いスパイシーソースで揚げた豆腐、TAHU GEJROTの屋台と再び行き合った。やはりさっきは売り歩いている最中ではなく、商売する場所へ移動していたところだったようだ。再び会った赤いTシャツの男は路地の一角に移動式屋台を駐めて商売を始めていた。ここがお店を開く場所だったのだ。

商売を始めているのは結構なのだけれど、周囲には誰もおらず路地は静まり返っていた。もちろん、客の姿もない。このような場所で商売が成り立つのか、他人事ながら心配になってしまう。だからといって男は客寄せの口上を上げるわけでもない。無口な男のようで、屋台が営業していることを声を上げて周囲に知らせたりはしないのだ。ただただ仕事の手を動かすだけだった。僕が写真を撮っても良いかと尋ねても、軽く頷くだけで声を発することはなかった。

男は道端に干された洗濯物を前にして、大きな日傘の下で黙々と下ごしらえを続けていた。

ENGLISH
2021年2月 インドネシア 人びと
路地 チルボン 食べ物の屋台 洗濯物 Tシャツ

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11828

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年02月25日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ