カノマン市場の買い物客

カノマン市場の買い物客
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 オザワテツ

カノマン市場にはヒジャブやチャドルをかぶった大勢の女性が買い物に訪れていた

大勢の人たちが曲がっていく角を僕も同じように曲がると、その先には目指していた市場が広がっていた。カノマン市場という市場だ。大きな建物の中に小さな店舗がいくつも入って営業している昔ながら市場で、この建物が新しくなったらショッピング・モールと呼ぶようになるのかもしれない。規模はそれほど大きくはないれど、地元の人たちで賑わっていた。

市場には大きな建物が二棟建っていて、その間にメインストリートと呼んで良いのか微妙な道が伸びていた。僕はそのメインストリートの真ん中に立ち止まって往来を眺めた。生鮮食品をメインに扱っている市場だっただけに、買い物に訪れるのはヒジャブチャドルで髪を覆っている女性が多い。そして、女性たちに混じって見える男性たちは配送人やベチャの運転手が多いようだ。

カメラを構えると、向こうからチャドルをかぶった女性がこちらに向かって歩いてきた。買い物を終えたようで、手には黒いビニール袋を持っていた。そして、大きな財布も手で抱えていた。なんだか日本のオフィス街でランチを食べに行くOLのようだ。タイのバンコクでもランチを買いに行く若い女性は大きな財布を手に屋台で買っていたし、ミャンマーでも大きな財布を持った女性が市場を闊歩していた。ここインドネシアでも同じように大きな財布を手で持って買い物にいく女性は多いのかもしれない。

ENGLISH

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11788

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月16日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF