口髭を生やしたベチャの運転手

口髭を生やしたベチャの運転手
インドネシアのチルボンで撮影 オザワテツ

カメラを向けられたベチャの運転手は、ちょっと動揺しているようにも見えた

チルボン駅の近くまでやってくると、道をゆく人も道路を走っている自動車も増えてきた。駅周辺が町の中心というわけではないのだけれど、やはり駅を中心とした人の往来が多いのだろう。

そして、駅の近くには人の往来を目当てにした人たちもいる。列車でやって来た人の荷物を運ぶポーターの姿もあれば、自転車タクシーで客待ちする男たちの姿もある。写真の口髭を生やした男もそのひとりだ。男はベチャという自転車タクシーの運転手で、駅近くの道端に愛車を駐めて客が来るのを待っていたのだった。

近くを通りかかると、口髭の男と目が合った。目が合ったからには、もう素通りはできない。僕はカメラを構えて男に近づいていく。咄嗟のできごとに男はちょっと動揺したようだ。両手を挙げて、ポーズを取るのか、取らないのか判然としない挙動を取った。この時の男のセリフは「オイオイ、俺なんかの写真を撮っても仕方がないだろう」に似たものに違いない。インドネシア語だったからわからなかったけど。そして、そのセリフは僕の中でアメリカのドラマのような大袈裟な感じでエコーしていた。

ENGLISH

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11831

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年02月28日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る