マハーゼディー・パゴダ

青空の下に輝く黄金のマハーゼディー・パゴダ
ミャンマーのバゴーにあるマハーゼディー・パゴダで撮影 オザワテツ

黄金のマハーゼディー・パゴダは青空の下に聳えていた

バゴーにある他の観光名所と同じように、ここマハーゼディー・パゴダに建つ仏塔も巨大だった。どうやらバゴーの町を建設した人びとは大きいことはいいことだと信じていたようだ。しかも、仏塔以外に大きな建物は建っていないから、空に向かって伸びる黄金の仏塔は自然と存在感を示していて、ちょっと離れたところからでも視界に入ってくる。日光を浴びてキラキラと輝く仏塔を眺めていると、見ているだけで徳を積んでいるような気さえしてくるのだった。それだけ仏教の信仰はこの町に広く浸透しているのだろう。もちろん、ヤンゴンと同じようにバゴーの町にもイスラム教のモスクがあるのだけれど、その影は薄い。

写真の建造物も仏塔だけに中には仏歯すなわち釈迦の遺骨が収められているのだという。でも、このような話を聞くといつも同じことを思ってしまう。世界にはいったいどれだけの仏歯があるのだろうかと。永久歯の本数は32本だというけれど、世界中にある仏歯の数を集めたらそれより多いことは必至だ。もっとも釈迦は常人離れしていて、永久歯の数が普通のひとよりもかなり多いという可能性もなくはないけれど。

EN

マハーゼディー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

11130

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月05日

撮影場所

バゴー / ミャンマー

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ