シュエモードー・パゴダの前の日傘

シュエモードー・パゴダの前に日傘を差して立つ女性

大きな仏塔の前に日傘を差した女性が立っていた

ミャンマーのバゴーにあるシュエモードー・パゴダで撮影。

巨大な仏塔が境内の中央にそびえていた。「パゴダ」という呼称は仏塔の英訳だ。ミャンマー語ではパヤーといい、もともとのサンスクリットではストゥーパという。サンスクリット語の音が日本では漢字で卒塔婆と書かれることになった。卒塔婆と聞くと、どうしても日本のお寺にある板塔婆を思い浮かべてしまうので、モヤモヤした気分になってしまうけれど、もともとは仏舎利を安置するために建物のことだ。そのため、ミャンマーなどの上座部仏教の国にある仏教寺院では境内の中心にあるのは日本のように仏像を安置したお堂ではなく仏塔なのだろう。

シュエモードー・パゴダに立つ仏塔は114mの高さを誇り、この国でもっとも高い仏塔なのだそうだ。この大きな建造物のどこに仏舎利が安置されているのかは分からない。でも、そのようなことは参拝客には関係ない。参拝客は徳を積むために時計回りに仏塔の周りを回っている。写真の女性も仏塔の周囲を回っていた。立ち止まって鞄から何かを取り出そうとしていたので、仏塔の周囲に設けられた祭壇にお供え物でもしようとしていたのかもしれない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

シュエモードー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

11124

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月01日

撮影場所

バゴー / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ