プラ・シーラタナーチェディとプラ・モンドップ

ワット・プラケオのプラ・シーラタナーチェディとプラ・モンドップ
タイのバンコクにあるワット・プラケオで撮影 オザワテツ

ワット・プラケオの境内で使われている主な色は黄金だった

ワット・プラケオの境内には荘厳な建築物が幾つも建っている。ここは王室専用の仏教寺院だ。そのため、境内にある建物は贅を尽くして建てられている。建物に使われている色は、分かりやすく富を象徴する金色が多い。黄金に彩られた建物間を大勢の観光客が歩いていた。ここでも目につくのは中国からの観光客だ。あちらこちらから中国語が聞こえてくる。おそらく団体旅行者の観光ルートにしっかりと組み込まれているのだろう。

中国人と金色って、とてもしっくりくる組み合わせだ。どこの国でもチャイナタウンには金を取り扱うお店がある。そして客で賑わっていることが多い。中国人は金が好きなのだ。これは中国人が自分の国と政府を信頼していない証でもあると思う。国を信頼していないから、国が発行しているお金も信頼していない。そして、万が一の時は金を持って国の外に逃げるのだ。

写真に写っている建造物はワット・プラケオに建っていたものだ。左に見える仏塔はプラ・シーラタナーチェディという。アユタヤに建っていた仏塔を模して建てられたのだという。右に建っているのはプラ・モンドップといい、法典が収められているのだそうだ。どちらも扉は閉じられていて、中に入ることはできなかった。

EN

バンコクにあるワット・プラケオってどこ?

PHOTO DATA

No

11324

撮影年月

2019年9月

投稿日

2019年12月16日

撮影場所

ワット・プラケオ / タイ

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ