スーレー・パゴダに向かって真っ直ぐに伸びる道

スーレー・パゴダに向かって真っ直ぐに伸びる道
関連する写真

真っ直ぐに伸びる道の先にはスーレー・パゴダが見えた

ミャンマーのヤンゴンで撮影。

マーハーバンデゥーラという名前の広い通りは真っ直ぐに伸びていた。この通りの名前は19世紀に実在したビルマ王国軍の最高司令官だった人物に由来しているらしい。当時のビルマを支配しようとしたイギリスに抵抗した民族の英雄のようだ。

でも、このように真っ直ぐな道を配置するという都市計画はイギリス人が計画したものだから、独立する前は別の名前で呼ばれていたのだろう。民族主義が高まったせいか、宗主国がつけた呼び名を民族主義的な名前に変えることはよくあることだ。

インドにいたっては、ボンベイをムンバイとか、カルカッタをコルカタとか、大都市の名前でさえも変えられてしまっている。かつての支配者だったイギリスの人たちはこのような現状をどのように感じているのだろう。なんだか、なんとも思っていないような気もするけれど。

歩道橋の上に立ち止まって往来を眺めていた。道の幅は広いけれど、それほど交通量はなかった。地元の人たちがのんびりと道を横断していて、道の先には黄金に輝くスーレー・パゴダの姿が見えた。

Trivial Moments by Tetsu Ozawa

写真集

TRIVIAL MOMENTSという写真集をKINDLE STOREで発売中

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

マーハーバンデゥーラってどこ?

DATA

Photo No

10854

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月09日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

道端で寛ぐお母さんと女の子

ミャンマー

ラーマ4世通りの往来を眺める犬

タイ

白蘭市場の近くを傘を差して歩いていた老婆

台湾

ビルに挟まれた道を走るバイク

台湾

迪化街

台湾

一斉に横断歩道を渡る歩行者たち

東京

新宿西口ロータリーの大きな通りを走る自転車

東京

バゴーの繁華街の道

ミャンマー

煙を上げる屋台

タイ

路地の真中に出ていた屋台

タイ

カオサン通りのトゥクトゥク

タイ

三角の止まれの標識

東京

日本橋の日向

東京

日陰の中から姿を現した女

東京

黄昏の中の自動車

台湾

中国語で書かれた看板

台湾

路面の濡れた道

台湾

新宿駅近くの甲州街道

東京

住宅街の中の道

東京

環七を横切る世田谷線

東京

路面に落ちた影

東京

閑散とした大通り

東京

大通りを走る車

東京

道路の空白地帯

マレーシア

八百屋の前に腰掛ける男

フィリピン

人気のない道を走るサイクルリクシャー

インド

アーカイブ