真っ直ぐに伸びる道の先にはスーレー・パゴダが見えた

スーレー・パゴダに向かって真っ直ぐに伸びる道
ミャンマーのヤンゴンで撮影
関連する写真

マーハーバンデゥーラという名前の広い通りは真っ直ぐに伸びていた。この通りの名前は19世紀に実在したビルマ王国軍の最高司令官だった人物に由来しているらしい。当時のビルマを支配しようとしたイギリスに抵抗した民族の英雄のようだ。

でも、このように真っ直ぐな道を配置するという都市計画はイギリス人が計画したものだから、独立する前は別の名前で呼ばれていたのだろう。民族主義が高まったせいか、宗主国がつけた呼び名を民族主義的な名前に変えることはよくあることだ。

インドにいたっては、ボンベイをムンバイとか、カルカッタをコルカタとか、大都市の名前でさえも変えられてしまっている。かつての支配者だったイギリスの人たちはこのような現状をどのように感じているのだろう。なんだか、なんとも思っていないような気もするけれど。

歩道橋の上に立ち止まって往来を眺めていた。道の幅は広いけれど、それほど交通量はなかった。地元の人たちがのんびりと道を横断していて、道の先には黄金に輝くスーレー・パゴダの姿が見えた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年1月 町角 ミャンマー
通り 仏塔 ヤンゴン
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10854

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月09日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

マーハーバンデゥーラってどこ?

PREV & NEXT