ワットトライミットの黄金の仏像

ワットトライミットから出てきた女性
関連する写真

女性がちょうどワットトライミットのお堂から出てきたところだった

タイのバンコクにあるワットトライミットで撮影。

黄金の仏像が安置されているお堂は小高い丘の頂上に設けられている。参拝客は路面にあるチケット売り場で拝観料を支払ってお堂まで登るのだった。丘の上にあるお堂は大して大きなものではない。でも、中に鎮座している仏像は大きなものだった。お堂の前に立つと、外からでも中で仏像が輝いているのが見える。

総重量が5.5トンもあるとはいえ、見たところこの仏像は何ら変哲もない。バンコク市内に数多ある仏像と変わらないように見える。でも、この仏像はちょっとミステリアスなのだ。様式から判断するとスコータイ時代の700年前くらいに作られたものと考えられているこの仏像は、正確な製造年も誰が作ったのかも定かではない。しかも、長いこと盗難防止のため漆喰で塗り固められていたのだという。

1953年に仏像を移動しようと台座から持ち上げた際に落下してしまい、漆喰が剥がれてしまって初めて黄金の仏像であることが確認されだのだった。つまり、700年くらいの間、じっと本性を隠して漆喰塗りの仏像のような顔をしていたのだ。落としてしまった人も、二重の意味でびっくりしたことだろう。

今ではこの仏像はバンコクに数多くある仏像の中でも有名なものになり、ひっきりなしに参拝客が訪れている。

Trivial Moments by Tetsu Ozawa

写真集

TRIVIAL MOMENTSという写真集をKINDLE STOREで発売中

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ワットトライミットってどこ?

DATA

Photo No

11379

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月29日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

沢山の仏像たち

ミャンマー

仏像の横で読書する男

ミャンマー

お堂から出てくる尼僧

タイ

ラックムアンの入り口

タイ

寺院の目の前で食事をする女性

タイ

プラ・シーラタナーチェディとプラ・モンドップ

タイ

根本中堂に立てかけられていた板塔婆

東京

護国寺の本堂

東京

法堂の横のベンチで休む男

神奈川

円覚寺の仏殿の正面

神奈川

シュエダゴォン・パヤーのお堂で寛ぐ老婆

ミャンマー

世田谷観音の六角堂

東京

小さなお堂の扉

東京

仏国寺の無説殿

韓国

お堂の中に立つ人影

韓国

お堂に差し込む光

長崎

平等院鳳凰堂

京都

妙心寺の境内

京都

お堂の前で休憩する人影

京都

建仁寺の法堂

京都

太極拳をする女

台湾

円融寺の仁王門に飾られていた草鞋

東京

港区立郷土歴史館の中央ホール

東京

文京区関口の正八幡神社

東京

寛ぐ巡礼者たち

インド

シュエダゴォン・パヤーにあった指差す像

ミャンマー

アーカイブ