上野東照宮の鳩

上野東照宮の鳩
東京にある上野東照宮で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

上野東照宮の金ピカの社殿の屋根は鳩の休憩場所になっているようだ

唐門の前に途切れることなくやってくる人のほとんどがの前で一度立ち止まると写真を撮る。日常生活の中で巨大な金箔なんて目にすることなんてあまりないから、扉一面に金箔が貼り付けられている上野東照宮にある唐門の姿に圧倒され、写真を撮らずにはいられなくなるようだ。

良くも悪くも金ピカの唐門に惹きつけられる人びとは多い一方で、唐門の向こうにある社殿に惹きつけられる人が少ないのが意外だ。確かに社殿は唐門と違って拝観料を払わないと拝観できない。拝観料を払ってまで透塀の内側に入り、東照宮の社殿を拝もうと思う人は少ないのだ。同じように金ピカなのに。

拝観料を払って大楠を越えて透塀の内側に足を踏み入れると、賑わっている唐門の前と打って変わってとても静かな空間が広がっていた。僕は無言で社殿の姿を眺めた。唐門に多くの金箔が貼られているだけあって、1651年に建立された社殿にももちろん多くの金箔が用いられている。

人間は拝観料を払わないと拝観できないため、唐門を眺めるだけで満足してしまった人は拝観料を払ってまで透塀の中に入ってこない。その反面、は自由だ。空を飛べる鳩にはただで入られる空間とお金を支払わねばならない空間の境に立つ透塀は無力で、好きなだけ社殿の周りでダラダラできる。僕が訪れた時も社殿の上に鳩が止まっていた。

ENGLISH
2021年9月 動物 東京
黄金 屋根 神社 上野

上野東照宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

12033

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年09月18日

撮影場所

上野 / 東京

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

上野で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ