ラック・ムアンの中には二本の柱が立っている

手にお供え物の花を持つ参拝客
タイのバンコクにあるラック・ムアンで撮影 オザワテツ

黄金の柱の周りに参拝客は腰を下ろしてお参りしていた

小さな祠の中は静かだった。でも、参拝客は次から次へとやってくる。チャオポー・ラック・ムアンという守護神は地元の人に大人気なのだ。参拝客は入ってくるやいなや、黄金に輝く二本の柱に向かってお祈りを始める。そして、終わると無言のまま外に出ていくのだった。ここでは無駄話はおろか声を上げながら読経をしている人もいない。このような聖域にはやはり静けさが相応しい。僕も静寂さの中に紛れ込んで、参拝客の様子を眺めていた。

見ていると、参拝客は皆お供え物の花を持ってきている。手ぶらで祠に入ってきた僕は、なんだか上司の家に何も持たずに遊び行ってしまったかのような居心地の悪さを感じてしまう。この花はプアンマーライといい、タイでは一般的なものだ。寺院を訪れると門前で必ずと言っていいほど売られている。その一方で、ここには線香を持ってくる人はいないようだ。お参りする際には日本でもタイでも必須と言っていいものなはずなのに誰も持っていない。ひょっとしたら、この祠の中で火を取り扱うのが禁止されているのかもしれない。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

バンコクにあるラック・ムアンってどこ?

PHOTO DATA

No

11322

撮影年月

2019年9月

投稿日

2019年12月14日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ