ヴィエンチャンの黄金に輝くタート・ルアン

ヴィエンチャンのタート・ルアン
ラオスの首都であるヴィエンチャンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

タート・ルアンの黄金は青空にとても映えていた

境内の中央にそびえている黄金の仏塔はタート・ルアンというものだ。真偽は定かではないが、紀元3世紀にインドからやって来た僧侶が建造したのがその創建というから、歴史は古い。

大空の下でキラキラと輝いていて、周囲には大きな建物がないので遠くからでも目立つ存在だった。これはラオスを代表する仏塔で、国章にも描かれている。訪れた時、空は抜けるように青かった。そして、その色合いは黄金に輝く仏塔の色にとても似合っていた。

ENGLISH
2005年4月 建築 ラオス
黄金 仏塔 寺院 ヴィエンチャン

ヴィエンチャンのタート・ルアンってどこ?

PHOTO DATA

No

50

撮影年月

2000年8月

投稿日

2005年04月02日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

ヴィエンチャン / ラオス

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ