祭壇にお供え物をする男

スーレーパゴダの祭壇にお供え物をする男

男は黄金の仏塔の前でお供え物をしていた

ミャンマーのヤンゴンにあるスーレー・パゴダで撮影。

この仏閣はヤンゴンで一番の観光地であるシュエダゴン・パゴダと並んで人気のあるところだ。大勢の参拝客が訪れている。そして、同じように参拝客、特に外国からの参拝客を目当てにした怪しい人物もいるのだった。境内に足を踏み入れるとすぐに見知らぬ男がさっと寄ってくる。そして、頼みもしてないのにこの寺院について説明を始めたのだった。まあ、どこにでもいる怪しいガイドだ。このまま話を聞き続けるとお金を要求されるので、とっとと断る。ヤンゴンでであるうこの手の人々はあまりしつこくないのが救いだ。この男性も断ったらすぐにいなくなった。

境内の中心には黄金に輝く巨大な仏塔がそびえている。地元の人にならって、僕も時計回りに仏塔の周りを歩きはじめた。仏塔の周りにはところどころに祭壇が設けられている。写真の祭壇もそのような祭壇のひとつだ。男が前に立って、ちょうどお供え物を捧げているところだった。祭壇の上部には看板があって、土曜日と書かれている。ミャンマーでは、生まれた曜日というものが重要視されているらしい。どうやら、この祭壇は土曜日生まれの人のためのもののようだ。僕は何曜日の生まれなのだろう。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10812
撮影年月
2018年9月
投稿日
2018年11月29日
撮影地
ヤンゴン / ミャンマー
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年11月 ミャンマー 人々
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
写真集も発売中
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP