日傘を差した僧侶たちがシュエダゴン・パヤーの前をスタスタと横切っていった

シュエダゴン・パゴダの境内を歩く僧侶たち
ミャンマーのヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダで撮影
関連する写真

ヤンゴン中心部からほど近い丘の上に建つシュエダゴン・パゴダの境内は土足厳禁だ。境内に建っている多くの建物の中だけでなく、境内全域が土足厳禁なのだ。お参りに来た参拝客はみな素足になって境内を歩いている。

聖域が土足厳禁なのは特に珍しいことではない。ここでは別の問題が生じているのだ。強い日差しに照らされた境内の地面がとても熱いのだ。裸足で歩くとまるで鉄板の上を歩いているかのようで、素足で歩くのが難儀なのだ。

足の裏をやけどしそうになりながら歩いていると、お参り自体がなんだか修行のような気分になってくる。もっともアチチ、アチチと歩いているのは僕くらいなもので、地元の人たちは平気な顔をして歩いていた。普段からサンダルばかり履いている彼らの足の裏の皮膚は僕のよりもずっと厚いに違いない。

境内を足の裏の熱さに耐えながら抜き足差し足忍び足で歩いていると、僧侶たちが歩いているのを見かけた。若い僧侶たちも他の大勢の地元の人たちと同じように何事もないかのように歩いていた。その姿を見ると、足の裏の神経が麻痺してしまっているのではないかと思ってしまう。

そうこうしているうちにを差した僧侶たちはスタスタと僕の前を横切っていった。その向こうでは黄金の巨大な仏塔が強い日差しを受けてキラキラと輝いてた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年1月 ミャンマー 人びと
黄金 袈裟 僧侶 裸足 仏塔 寺院 ヤンゴン
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10002

撮影年月

2010年3月

投稿日

2017年01月13日

更新日

2021年10月20日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR DIGITAL

シュエダゴン・パゴダってどこ?

PREV & NEXT