お堂から出てくる尼僧

お堂から出てくる尼僧

尼僧がラックムアンとは別のお堂から出てきていた

タイのバンコクにあるラックムアンで撮影。

ラックムアンのすぐ隣にも小さなお堂のようなものが建っていた。これが何なのかは分からない。でも、大勢の地元の人が出入りしている。中をちょっと覗くと、そこには黄金の祭壇が設けられていて、上には黄金の像が立っているのが見えた。ここは仏教寺院のようなところなのだろう。それにしても、タイの仏教と黄金は切っても切れない仲にある。キラキラと輝いていた方が、ご利益があるような気がしてしまうからなのだろうか。

ラックムアンの軒下に立って、そのお堂を出入りする人を眺めていた。しばらくすると、尼僧が中から出てきた。もっとも、タイでは女性が正式な比丘尼になることは出来ないので、袈裟のようなローブを纏ったこの女性は正確にはメーチーと呼ばれる在家の女性信者だ。中に入ることころを見ていないので、女性は結構な時間を中で過ごしていたと思われる。長いこと祈りを捧げていたのかもしれない。そのせいだろうか、女性はちょっと疲れているようにも見えた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10563
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年05月15日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年5月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP