ワット・プラケオのエメラルド仏はエメラルド製ではない

ワット・プラケオのエメラルド仏
タイのバンコクにあるワット・プラケオで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

お堂の奥の方でエメラルド仏が輝いているのが見えた

ワット・プラケオの境内で最も混雑しているところへと移動する。装飾が施されたお堂の周りには大勢の観光客が蠢いていた。このお堂がワット・プラケオの本堂だ。僕は靴を脱いで中へと入っていった。本堂の中も周辺と同じように混んでいる。

この本堂にはあるのはエメラルド仏だ。言ってみれば、この仏像がワット・プラケオ観光のハイライトになっている。大勢の観光客の隙間から、本堂の奥に安置されている仏像に目を向ける。像は黄金の台座の上にちょこんと載っている。タイでも日本でもご本尊となる仏像は大きいことは良いことだと言わんばかりに大きいことが多い。でも、ワット・プラケオに安置されているエメラルド仏は小さい。予想していたよりもずっと小さかった。小さな緑の仏像が背の高い台座の上から、参拝に訪れた人を睥睨していた。文字通り高みの見物といった感じだ。

エメラルド仏が小さいのは、エメラルドという宝石を使って作られているからだと思っていたら、実は違うようだ。仏像自体は翡翠で作られているのだという。緑色に輝く姿からエメラルド仏と呼ばれているらしい。

ENGLISH
2019年12月 静物 タイ
バンコク 仏像 寺院

バンコクにあるワット・プラケオってどこ?

PHOTO DATA

No

11327

撮影年月

2019年9月

投稿日

2019年12月18日

更新日

2020年09月25日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ