舞殿のところで作業員たちが朱色に塗られた板を運んでいた

鶴岡八幡宮の舞殿
鶴岡八幡宮の舞殿
関連する写真

若宮大路から鶴岡八幡宮へ向かうと、本宮へ上がっていく大石段の前に大きな舞殿が現れる。神社には能舞台があることが多いから、てっきりこの参道の真ん中にどしんと構える舞殿も能舞台だと思っていたら、そうではなかった。静御前が舞ったとされるといころに建っているものの、これは能舞台ではない。そもそも静御前が舞ったのも義経を慕ってのことというから能ではないだろう。この建物は下拝殿とも呼ばれる大石段の下にある拝殿の一種なのだ。

僕がここを拝殿と思わなかったのは、ほとんどの人がここをスルーして大石段の上にある本宮に向かっていくからだ。拝殿の一種ならば、ここでお参りする人がいてもいいような気がするけれど、そのような人はほとんどいない。公式ホームページによると、神社の行事や結婚式が下拝殿で行われると記載があるけれど、幸か不幸か僕はこの建物が使われているのを目にしたこともなかった。

この日も参拝客のほとんどが舞殿を通り過ぎて本宮を目指していた。正月用に特別な装いをしていたのか、この日の舞殿には作業服を着た人がいて朱色に塗られた板を運んでいた。その板の向こうに大石段が垣間見えた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年3月 町角 神奈川
鎌倉 労働者 注連縄 神社
鎌倉で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12203

撮影年月

2022年1月

投稿日

2022年03月13日

撮影場所

鎌倉 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

鶴岡八幡宮ってどこ?

PREV & NEXT