太い注連縄の下でお参りする男

寒川神社の太い注連縄の下でお辞儀する男

寒川神社では男が太い注連縄の下でお辞儀をしていた

神奈川の寒川町にある寒川神社で撮影。

神門をくぐって回廊に囲まれた境内へと入っていった。社殿の前の広場は広々としている。神奈川県では鶴岡八幡宮に次いで初詣の参拝客が多いとされる寒川神社もなんでもない5月の週末は閑散としているようだ。参拝客の数に比べて境内は広く、ちょっと寂しくなるくらいだ。

社殿の前にやってくると、参拝客がお参りをしている。この神社のご利益は八方除けなのだという。「八方除け」とは聞き慣れない言葉だ。なんでも旅行や出張や転勤や引っ越しなどで向かう方向の不吉や災難を払うものらしい。公式ページにも「地相・家相・方位・日柄などに起因するすべての禍事・災難を取り除き家業繁栄・福徳円満をもたらす」と書いてある。これだけ読むと、じっとしていない限りは何らかのご利益がありそうだ。もっとも、ここ寒川神社に来るまでの方位から身を守るためにはどうしたらいいのか疑問が残るけれど。自宅から寒川神社の方向が悪い方位にあったらどうするのだろう。

お参りを終え、脇に立って参拝客の様子を眺めていた。参拝客の頭上には、関東では珍しい太い注連縄が掲げられていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

寒川神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

11235

撮影年月

2019年5月

投稿日

2019年10月14日

撮影場所

寒川町 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ