宗像神社の鳥居

京都御苑にある宗像神社
京都にある宗像神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

京都御苑に建つ宗像神社には立派な鳥居が建っていた

かつては宮家や公家の屋敷が立ち並んでいた公家町は、今となってはのどかな京都御苑になっている。1869年に華族が原則東京に住居することが定められたことに伴い、今の京都御苑に邸宅を構えていた宮家・公家も東京へ移住してしまったのだ。しかし、屋敷の主たちは京都にいずれ戻ってくるつもりだったのだろうか、屋敷の敷地に建立されていた邸内社はそのままにされているのもある。京都御苑の中には今でもかつて宮家・公家の邸内社であった神社が残っているのだ。九条家の敷地に立っていた厳島神社もそうだし、写真の宗像神社もそうだ。

京都にある宗像神社は、藤原冬嗣が桓武天皇の勅命で皇居鎮護の神として筑前宗像神を勧請し、自邸の西南隅に祀ったのが始まりとされている。その後、この地が花山院家の邸宅に変わり、明治時代になるまで宗像神社は花山院の邸内社だった。東京奠都によって邸宅そのものの役目は終わり取り壊されたものの、宗像神社は今でも京都御苑内に鎮座しているのだった。

邸内社だったとはいえ、そんじょそこらの神社よりも宗像神社の造りは立派だ。だてに795年の創建ではない。応仁の乱や蛤御門の変(蛤御門はここから500メートルほど北にある)も乗り越えて1000年以上もの間ここに鎮座しているのだ。

ENGLISH
2021年4月 建築 京都
京都市 注連縄 神社 鳥居

京都御苑にある宗像神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

11882

撮影年月

2020年2月

投稿日

2021年04月20日

撮影場所

京都御苑 / 京都

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ