出雲大社の七五三縄の下

太い注連縄の下の人びと
島根にある出雲大社で撮影 オザワテツ

太い注連縄を見上げていた

人が太い注連縄の下に立って見上げている。公式には禁止されているのだけれど、注連縄に向かって小銭を投げているのだった。小銭が上手く注連縄に刺さると幸運が訪れるとう都市伝説があるらしい。注連縄に向かって投げる人が後を絶たないようだ。

刺さってしまった小銭を取り除くのも大変だけれど、小銭を神様に差し上げても喜ぶのだろうか。お金が必要なのは、人間世界の話で神様のいる場所では役に立たないのではなかろうか。それでも、俗世に住むものは皆少しでも幸せになりたいのだ。

EN

出雲大社ってどこ?

PHOTO DATA

No

688

撮影年月

2006年12月

投稿日

2007年01月21日

撮影場所

出雲 / 島根

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V