注連縄が御神木の間に掛かっていた

明治神宮の注連縄
東京にある明治神宮で撮影
関連する写真

拝殿のすぐ近くにある木には注連縄が吊られていた。この木は御神木なのだろう。注連縄からは紙垂が垂れている。紙垂は吉田流の流儀で飾られているように見えた。ほとんどの参拝客は門をくぐって拝殿の前に出ると、まっすぐに拝殿へと向かっている。注連縄越しに大勢の参拝客の姿が見えた。

この御神木に気を留める参拝客はあまりないようだ。参拝客が目の前で足を止めるかどうかなんてことは、御神木はあまり興味がないだろう。この御神木は威厳を持って様子で境内の片隅に立ち続けているのだ。

ENGLISH
2008年1月 静物 東京
原宿 明治神宮 注連縄 神社
原宿で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1305

撮影年月

2007年10月

投稿日

2008年01月07日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

明治神宮ってどこ?

Prev & Next