阿智神社の注連縄

阿智神社の注連縄
岡山の倉敷にある阿智神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

掛かっている注連縄は太かった

阿智神社の拝殿の軒先には太い注連縄が掛かっていた。この神社の注連縄も出雲大社のような太くて、左から綯い始められていた。数本の注連縄を合わせて、誰かが捻ったかのような形をしている。このような注連縄は関東ではあまり見ないような気がする。

縁起によると、この神社は渡来人である阿知使主の一族によって建立されたようだ。歴史は古いのだが、今の名称になったのは明治になってからのことで、それまでは妙見宮と呼ばれていたようだ。いずれにしても、帰化人も時代が下るに連れ、日本固有の神道を信じるようになったのだろう。

ENGLISH
2007年12月 岡山 静物
倉敷 注連縄 神社

倉敷にある阿智神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

1282

撮影年月

2007年9月

投稿日

2007年12月23日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

倉敷 / 岡山

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

倉敷で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ