鳥居と注連縄と女の子

神社へと入っていく女性

若い女の子が階段を登って拝殿に向かっていた

東京の麻布十番で撮影。

外苑東通り沿いに小さな神社が建っていた。十番稲荷神社だ。歩道の脇に石造りの鳥居が設けられていて、太い注連縄が掛けられていた。紙垂を掛けているところと注連縄を掛けているところと神社によって違うようだけれど、何か意味があるのだろうか。

鳥居を抜けるとすぐに急な階段になっていて、階段の上に社殿がある。この階段を登るべきか逡巡していると、女の子が僕の脇を通り抜けて鳥居をくぐっていった。そして、迷うことなく社殿に向かって階段を登り始めたのだった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9729
撮影年月
2016年2月
投稿日
2016年04月30日
撮影地
麻布十番 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2016年4月 町角 東京
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP