吉備津彦神社の境内は閑散としていた

吉備津彦神社の境内
岡山にある吉備津彦神社で撮影
関連する写真

吉備津彦神社の歴史は古い。正確な創建は不明だけれども、少なくとも1000年程度は遡るようだ。その長い歴史とは裏腹に、僕が訪れた時は境内は閑散としていた。ここは著名な観光名所になり損ねてしまったのかもしれない。ここの宮司は商売にはあまり興味がないのだろう。歴史をネタにパワースポットとして売り出すことも可能なような気がしてしまう。

人気のない境内を真っ直ぐに進んで、拝殿へと歩み寄った。拝殿の前に立って、振り返ると軒下にぶら下げられている注連縄が目に入った。そうこうしていると、どこからともなく神職が現れて、随神門に向かって歩いていく。門をくぐって神職が見えなくなると、再び境内は閑散としてしまった。

ENGLISH
2007年11月 町角 岡山
岡山市 注連縄 神社
岡山市で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1224

撮影年月

2007年9月

投稿日

2007年11月24日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

岡山市 / 岡山

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

吉備津彦神社ってどこ?

Prev & Next