女性の傍らにある籠は唐辛子でいっぱいになっていた

唐辛子を売る女
インドのマルダで撮影
関連する写真

額に既婚の印であるシンデゥールを付けた女性が露天市で働いていた。脇に置いてある大きな籠の中には大量の唐辛子が入っていて、足元には皮のついたままの大蒜が散らかっている。これら女性の売物だった。ちょうど籠の中に手を突っ込んで唐辛子を掴んでいる。唐辛子と大蒜の組み合わせには、食べた人を元気にさせてくれる力があるに違いない。

ちなみに西ベンガル州の食事はさほど辛くない。南に行けば行くほど辛くなるような気がする。その証拠にインドよりさらに南にあるスリランカの食事は辛くて食べるのに難儀した。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年7月 インド 人びと
唐辛子 ニンニク マルダ 市場 シンドゥール
マルダで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6596

撮影年月

2011年6月

投稿日

2012年07月07日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

マルダってどこ?

PREV & NEXT