ボート乗り場にいた男の子たち

ボート乗り場で屯していた男の子
ミャンマーのチャウタンにあるイェレー・パゴダで撮影 オザワテツ

男の子たちが中洲のボート乗り場で屯していた

イェレー・パゴダが建っている中洲はそれほど大きいものではない。端から端まで歩き尽くしてもさほど時間はかからなかった。僕は町へと戻ることにして、そそくさとボート乗り場へとやっては来たものの、ボートは運航していない。ちょうどお昼休みだったのだ。ボートを操る人たちも御飯くらいはゆっくりと食べたいのだろうからこれも仕方がない。僕は何もすることなく昼休みが終わるのを待つことになったのだった。

水辺に立って川面を眺めていた。川の水は濁っている。日本だと洪水のあとの川のようだ。でも、東南アジアで川というのはこのような色をしていることが多い。濁っていて口にしようとは思わないけれど、その代りに上流から肥沃な土壌が流れてきているのだろう。

そうこうしていると、ボート乗り場の階段脇に三人の男の子が屯しているのに気がついた。この三人はお参りしにこの中州にやって来たようには見えない。おそらくは中洲と岸を結ぶボートで働いているのだろう。でも、昼休みとはいえ、三人からランチを取るような素振りは全く感じられない。ただただ腰を下ろして午後の仕事が始めるのを待っているようだ。

EN

イェレー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

10959

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年04月04日

撮影場所

チャウタン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ