ロンジーを穿いた男がイェレー・パゴダへの渡し船の舵を取っていた

渡船の舵取りをするロンジーをはいた男
イェレー・パゴダへの渡船の舵を取る男
関連する写真

しばらくすると昼休みも終わり、イェレー・パゴダのボート乗り場の男たちも再び働き始めた。僕が乗り込んだボートもほどなくして川の真ん中に浮かぶ中州を離れ始める。中州に渡った時と同じように、外国人専用の渡し船に乗っているのは僕だけだった。乗客は僕ひとりであるにもかかわらず、乗員は複数乗り込んでいる。なんだか召使いを引き連れて自分専用のボートに乗り込んでいるような気分だ。サウジアラビアの王族が旅行をする時は、規模はぜんぜん違うけれども、このような感じなのだろう。

渡し船の後方に移動すると、ミャンマーの伝統的衣装であるロンジーをはいた男が立っていた。男は船頭だ。木の棒を掴んでボートの舵を取っている。そのすぐ後ろには大きなエンジンが音を立てて動いていた。川の向こうにはついさっきまでいたイェレー・パゴダの黄金に輝くお堂が見える。船頭にカメラを向けると、引き締まった表情を浮かべながら親指を立ててくれた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年4月 ミャンマー 人びと
ボート チャウタン ロンジー 男性 サムアップ
チャウタンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10960

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年04月04日

更新日

2022年04月20日

撮影場所

チャウタン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

イェレー・パゴダってどこ?

PREV & NEXT