イェレー・パゴダへ渡るボートで働いていた男の子

イェレー・パゴダへ渡るボートで働いていた男の子
ミャンマーのチャウタンで撮影 オザワテツ

男の子はイェレー・パゴダへ渡るボートで働いていた

しばらくすると僕が乗り込めるボートがやって来た。この船は外国人専用だ。そそくさとボートに乗って中を見渡しても、地元の人たちが乗るボートとどこが違うのかは分からない。はっきりと分かった違いは、屋根があるかどうかということだけだった。雨が降ると、地元の人が雨に晒されながら寺院のある中州に向かわなければならないけれど、外国人は濡れずに済む。ちょっとした心遣いだ。この細やかな心遣いのために大幅に異なる料金を設定するのはいかがなものかと思うけれど。地元の向けのボートにも付けてあげればいいのに。

人この時に中州に渡ろうとしていた外国人は僕だけだった。そのため、外国人専用のボートに乗っている乗客も僕ひとりだ。僕がボートに乗り込むと、他の外国人が来るのを待つことなくボートは川の中へと進み出す。このような状況では、乗員の方が乗客よりも多い。中年の男がエンジンを操り、舵をとっている。そして、数人の男の子たちが男と一緒に働いていた。写真の男の子もそのひとりだ。カメラを向けると、驚いたような顔を見せてくれた。目的地であるイェレー・パゴダはすぐそこだ。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

イェレー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

10957

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年04月02日

撮影場所

チャウタン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ