文昌宮の参拝客

文昌宮の参拝客
台湾の台北にある文昌宮で撮影 オザワテツ

文昌宮ではちょうど参拝している人がいた

地下鉄の雙連站の上に設けられた公園を歩いていると、道端に寺院があるのに気が付いた。見るからに中国様式の寺院だ。建物は原色で彩られていて、ゴチャゴチャと装飾が施されている。そして、寺院の前には赤い提灯が幾つも掲げられていた。

ゴチャゴチャしている建物に惹かれて僕は境内の中に入っていく。ここは学問の神様が祀られている文昌宮という寺院だった。祀られている文昌帝は中国で信仰された学問や科挙の神なのだという。日本でいうところの菅原道真公みたいなものか。ここの文昌宮も地元の人から信仰を集めているらしいけれど、境内には参拝客はほとんどおらず閑散としていた。訪れたのは7月で台湾は受験シーズンではなかったからかも知れない。

ガラガラの境内でぼんやりとしているうちに、香炉の前に参拝客が現れた。両手には日本ではあまり見かけない長い線香を持っている。そして、ひとりで黙々と参拝をし始めた。ひょっとしたら、この女性は季節外れの試験を受ける予定があるのかも知れない。

EN

台北にある文昌宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

11300

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月29日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ