赤いロウソクを片付ける赤いポロシャツの男

金徳院で燭台を片付ける赤いポロシャツの男
インドネシアのジャカルタにある金徳院という中国寺院で撮影 オザワテツ

赤いポロシャツを着た男は、赤いロウソクで満杯になった燭台の上から粛々とロウソクを片付けていた

ジャカルタにある金徳院の境内には大きな香炉が置かれていた。そして、脇には燭台が置かれていた。春節が近いからだろう。燭台の上には何本もの赤いロウソクが立てられていた。火の点いたロウソクは徐々に短くなっていくのだけれど、無くなるよりも参拝客が新たにロウソクを立てていくペースの方がずっと早い。ちょっと放って置くと、燭台の上はロウソクでいっぱいになってしまうのだ。ああ、ロウソクを立てるスペースが無いと思っていると、どこからともなく寺院の人が現れた。短くなったロウソクを除けて、新たにロウソクを立てるスペースを作ってくれるのだった。

写真に写っている赤いポロシャツの男が、そのような役目を担っている人だった。片手に長い線香を何本も持ちながら、もう一方の手でロウソクを器用に片付けていた。燭台の上にあるロウソクはどれもこれも赤く、ロウソクを片付けている男の着ている服も赤いものだった。そもそも寺院全体が赤を基調にしている。中国文化において、赤は伝統的に吉兆と財運を意味するのだ。

中華人民共和国が国旗を赤を基調にしているのは、赤が資本家と労働者の階級闘争のシンボルになっているだけでなく、吉兆と財運の色でもあるからかもしれない。

EN

ジャカルタにある金徳院ってどこ?

PHOTO DATA

No

11568

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月16日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF