誰もが祭壇の前で真剣にお参りしていた

龍山寺で真剣にお参りする人びと

龍山寺の境内にあるどの祭壇の前でも人びとが合掌してお参りしていた

台湾の台北にある艋舺龍山寺で撮影。

龍山寺のご本尊は観音菩薩だ。ということは仏教のお寺ということになるのだけれど、狭い境内の中には他にも様々な神様が祀られている。ここは仏教と道教などの土着の宗教の習合が起きているのだ。お参りする方からしてみると、神様が仏教のものだろうと道教のものだろうと御利益さえあればどうでもいいのだろう。

境内にはあちらこちらに祭壇が設けられていて、それぞれに別の神様が祀られている。それぞれが異なる御利益を謳っているようで、参拝に訪れた人たちはそれぞれ求めている御利益を得られる神様の前でお参りしている。

ウロウロと境内を歩いていて、やってきた祭壇の前にも目を閉じてお参りしている参拝客の姿があった。真剣にお参りしている人びとの姿を見ていると、この人たちは何をお祈りしているのか気になってしまう。祀られている神様ごとに御利益が異なるとはいえ、祭壇にその御利益が書いてある訳でもない。そのため、余所者にはどの神様がどのような御利益を謳っているのか判断するのは難しい。でも、地元の人には自明のことのようで、境内に入ってきた地元の人たちは迷うことなく目的の神様の前に赴いているように見えた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

艋舺龍山寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11265

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月04日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ