金徳院で祈る男

ジャカルタにある金徳院でお参りする男
インドネシアのジャカルタにある金徳院という中国寺院で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

金徳院では壁と壁の間でお参りをする人の姿が見えた

日本のお寺だと本堂の中に祀られているのは、御本尊とその両脇にご本尊が従えている神様くらいだ。でも、東南アジアにある中国寺院にはお堂の中にいくつも祭壇が設けられていることが多い。沢山の祭壇が設けられているが故に、お堂の中がごちゃごちゃしていることもしばしばだ。ここには塔頭というような概念はないのだ。

ジャカルタのチャイナタウンにある金徳院にもご多分に漏れず、多くの祭壇が設けられていていて、それぞれに神様が祀られていた。参拝客はみな思い思いの祭壇の前でお参りしている。興味深いのは、本尊である観音様がある本堂はガランとした建物の中にいくつもの他の仏像とともに安置されているのに、仏像によっては仕切りで区切られた空間に大切そうに安置されていることだ。ご本尊が大部屋の中にいるのに、他の神様がパーティションで区切られた中にいるように見えてしまう。

写真に写っている男性も、そのように区切られている空間に祀られている神様にお参りをしていた。僕の立っている場所からは壁に遮られて、男性が手を合わせている神様がどの神様なのかは分からなかった。もっとも、仏像を見たところで何の神様なのかを判断するのは難しいけれど。

ENGLISH
2020年6月 インドネシア 人びと
線香 ジャカルタ 祈る 寺院 参拝客

ジャカルタにある金徳院ってどこ?

PHOTO DATA

No

11572

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月19日

更新日

2020年09月09日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ