大天后宮で細長い線香を手にした女性がお参りしていた

大天后宮でお参りしていた女性

台湾の台南にある大天后宮で撮影

関連する写真

関帝廟を出て暫く歩くと、再び寺院が現れた。ここは大天后宮という媽祖廟だった。祀られているのは、縁結びの神様とされる月下老人と、日本ではあまりメジャーな存在ではないけれど中国文化では人気のある媽祖という女神だ。媽祖はもともと航海の安全を守る神様だったのが、願い事をかなえる力が強かったため、しだいにあらゆる願いをかなえる神様になったのだという。

それにしても、ここ台南の中心部には一体幾つの寺院が建立されているのだろう。あちらこちらに寺院が建立されている。地元の人はよほど信心深いに違いない。それと同時にひとりの神様だけでは満足できないのだろう。願い事の種類によってお参りする寺院を変えるのだ。金運が欲しければ関帝廟を訪れて、安全を祈願するには媽祖廟を訪れるのだ。

お堂の中に入ると、参拝客の姿が見えた。ここは台湾でも歴史ある媽祖廟なのだそうだ。写真の女性も参拝客だ。両手で細長い線香を持って、ちょうどお参りしている最中だった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年1月 人びと 台湾
線香 台南 寺院 参拝客
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9996

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年01月07日

更新日

2021年05月26日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

大天后宮ってどこ?

Prev & Next