騎楼の果物屋

歩道に出ていた果物の屋台
台湾の台北にある雙連駅の近くで撮影 オザワテツ

果物の屋台が歩道に出ていた

台北地下鉄の雙連駅の近くを歩いていた。道に建つ建物の一回部分が凹んでいで歩道になっている。歩道が建物の一部になっているのだ。このような建築様式を騎楼、もしくは亭仔脚というらしい。

このような歩道は台湾以外でも東南アジア諸国でよく見かける。暑い国では、日差しを避けるためにこのような形で歩道を設けることが望まれているのだろう。歩道はすっかり日陰になっていて、歩いても照りつける日差しを浴びなくて済む。とても過ごしやすい。歩く人にとって都合の良い場所は商売をするのにも都合が良いようで、日陰になった歩道のところどころで商売をしている人がいる。

ここにも歩道に端っこに大きなテーブルが出ていて屋台になっていた。テーブルの上には様々な果物が並べられている。バナナやマンゴーやドラゴンフルーツが見える。ここは路上の果物屋になっていた。女性の店主はテーブルの横に、まるでおまけのように腰を下ろしている。ちょうど買い物客がお店の前で足を止めていて、店主は買い物客と話をしている最中だった。

EN

台北の雙連駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11299

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月28日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ