文昌宮の祭壇では険しい顔の神様が灯りに囲まれて暑そうに見えた

文昌宮の祭壇
台湾の台北にある文昌宮で撮影
関連する写真

台北にある文昌宮には文昌帝以外にも5つの神様が祀られていて、それぞれの神様がそれぞれの祭壇に鎮座している。写真の神様はその中のひとつだ。険しい顔をした神様が祭壇の中央に陣取っていて、目の前には大きな香炉が置かれている。線香が何本も立っているところを見ると、今はたまたま閑散としているものの、ここには途切れることなく参拝客が訪れるようだ。

祭壇を挟むようにして立つ壁には、小さな灯りがびっしりと点いていた。これらは祝福の灯と呼ばれるもので参拝客から奉納されたものだ。それぞれの灯りに奉納者の名前が刻まれていて、奉納すれば家族にも御利益が及ぶという。無数にある祝福の灯は閑散とした文昌宮の中で静かに煌々と輝き続けていた。

一見すると、これだけの灯りがあると祭壇のところが熱くて仕方がないようにも見えるけれど、実際には熱くはない。LEDで作られているのか、近くに立っていても熱を感じることはないのだ。でも、ちょっと昔なら白熱球だろうし、さらに遡れば参拝客で作られていたに違いない。もしそうだとすると祀られている神様は熱くて仕方がなかっただろう。無数の蝋燭が点けられているお堂の中は蒸し風呂のようだったに違いない。

ENGLISH
2019年11月 静物 台湾
祭壇 台北 寺院
台北で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11301

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月29日

更新日

2021年12月21日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

台北にある文昌宮ってどこ?

Prev & Next